ブロックチェーン技術

You are here:

ブロックチェーンとは

データ分散処理技術です。つまり、ネットワークに参加する全てのユーザが全ての取引内訳などのデータを分散保存する技術を指します。特徴として、ブロックチェーンは数人でデータを保存するため、偽造が難しいです。偽造のためには参加者の取引データをすべて攻撃しなければならないため、事実上ハッキングは不可能に近いです。このような分散した構造に侵入することは現実的に非常に困難であり、中央集中的な管理が不要になるため、それに伴う社会的費用を約10分の1に減らすことができます。

ブロックチェーンの取引原理

BRTE技術開発の背景

オンライン金融システムにおいて、処理速度はセキュリティとともに不可欠な要素の一つです。既存のブロックチェーンプラットフォームは、遅い処理速度のため、金融プラットフォームの活用としては実用的でないという評価を受けていました。BRTEプラットフォーム内にfamily nodeという新しい概念を付与することで、このような問題点を完璧に改善しました。

PoM PoW PoS
代表プラットフォーム Wizbl ビットコイン、
イーサリアムなど
イオス、エイダなど
コインの分配 プラットフォーム環境の維持(取引検証)持続性 ハッシュ(Hash)の大きさ 保有するコインの持分(Stake)
長所 市場の安定性
PBFTプロトコル適用によりセキュリティを確保
素早いユーザー参加を誘導(採掘参加者)
現在主流コインが使用
採掘コストの最小化
Pump and Dump最小化
短所 多くのユーザーの確保が必要 高い電力消耗
投資による競争構図
パワーグループによる市場崩壊の危険性
コイン使用の忌避性の引き起こし
投資による競争構図
パワーグループによる市場崩壊の危険性

BRTEプラットフォームは

PoMという独自の証明及び補償体系を維持します。PoMはBRTEプラットフォームの信頼を基盤とした証明方式であり、生態系維持に役立つユーザーに補償を支援します。この方式は公正で合理的です。

補償の対象はFull nodeユーザーであり、Full nodeユーザーになるために多くの努力を傾けなくても構いません。
Full nodeは、全てのブロックを保有しているユーザーであり、取引に対する検証を同時にサポートしており、BRTEエコシステムは、Full nodeが多いほど素早く安定した環境を維持することができます。PoMはユーザがPCやサーバコンピュータをFull nodeで保持してくれることに対する報酬システムです。補償範囲はFull nodeが検証に参加した取引で発生する手数料の一部です。

このようにPoMはユーザー間の過度な競争から脱した合理的な補償システムであり、この補償システムによってBRTEプラットフォームの環境はさらに改善される効果を得られます。

BRTE技術競争力

技術の特徴 変更内容 効果
リアルタイム

トランザクション

長ブロック生成周期の改善 ブロック生成周期を1秒に変更してブロック生成過程で発生可能な時間損失を減少
ブロック生成方式の変更 ファミリーグループと呼ばれる少数の構成員(ノード)にのみブロック生成権限を付与し、別途の合意アルゴリズムを導入してブロックチェーンの分岐現象が発生しないように設計しました。
合意アルゴリズムの変更 合意アルゴリズムは、ブロックチェーンの分岐が発生した場合に有効なブロックチェーンを決定する一連の規則を意味します。WizblはPBFT合意アルゴリズムを適用し、ブロック生成前にファミリーグループ内部の投票行為によってブロック生成ノードを選定するように設計しました。PBFTの合意アルゴリズムの下では、ブロック生成は特定のノードでのみ行われるため、ブロックチェーンの分岐現象及び無効なブロックは発生しないことになり、ブロック生成とともにトランザクションは完結性を持ちます。
ブロックサイズの変更 大量のデータを素早く処理するために、ブロックサイズを8MBに増加させました。ブロックサイズを増加させることで、一つのブロックで処理可能なトランザクションの増加と前のブロックの内容を検証する過程で発生できる不要な作業を減少させました。
拡張性 Solidityスマートコントラクト技術適用 イーサリアムを含む様々なプラットフォームで使用されるsolidityを自社のブロックチェーンプラットフォームに適用することで、既存のdapp開発者も容易にブロックチェーンプラットフォームにアクセスできます。また、solidity以外にもWASMなどの他のプログラム言語でもブロックチェーンプラットフォームを活用できるように研究しています。
補償体系 Proof of Maintenance 現在運営中のブロックチェーンプラットフォームのほとんどは、若干の差はありますが、ブロックを生成する行為に対して報奨を与える補償システムを持っています。つまり、ブロックを生成(採掘)する行為が補償の根本的な行為となります。Wizblでは、このようなブロック生成行為に基づく報酬体系よりは、ブロックチェーンプラットフォームの正常な運営をサポートする行為(データ維持とトランザクションの検証)に対する報酬体系を設計しました。つまり、ブロックチェーンプラットフォームで善意を持って正常な運営を支援すれば、誰でも補償を受けることができます。この補償体系はトランザクションから発生した手数料を財源としています。補償の割合と具体的な方法については、現在設計中です。

WizblのBRTE技術は、偽造を防止する必要がある全ての産業に適用できます。Wizblは金融、エネルギー、ユーティリティ製造、物流、ヘルス、メディア、公共サービス、政府行政、スマートシティなど、様々な産業群に拡張可能なブロックチェーンプラットフォームを提供しようとしています。

ブロックチェーン適用分野

  • 暗号帳簿
  • 脱中心化ネットワーク
  • 信用ない取引当事者
  • 独立した合意確認取引
  • 貨幣
  • 支払いと送金
  • バンキングと金融
  • 清算と決済
  • 保険
  • フィンテック
  • 証券及び株式
  • 永久記録
  • 公共記録保存所
  • 公証時間証明ハッシュ
  • 世界共通フォーマット
  • アクセシビリティ(OPEN API)
  • 多国籍組織
  • 投票&法案発議
  • 個人間保証(P2P Bonds)
  • 遠隔代理人サービス
  • 税金領収書
  • 公証サービスと文書公証
  • 著作権と特許保護
  • コミュニケーション
  • 大規模な協力
  • 事物の転入、転出
  • 取引セキュリティ
  • ドローンセンサーネットワーク
  • スマートホームネットワーク
  • 工場型IoTネットワーク
  • スマートシティ
  • 自動運転車
  • 個人化ロボットとドローン
  • 自動物流システム
  • 世界共通フォーマット
  • 大規模多重データフロー統合
  • プライバシーとセキュリティ
  • リアルタイムアクセス
  • ユニバーサルEMR(電子医療記録)
  • 医療、健康データバンク
  • 自己健康測定(Quantified self)データ共有
  • 大規模健康データ分析
  • スマート資産
  • デジタル健康ウォレット
  • 健康トークン
  • 協力のための大規模インフラ構成
  • 良い人材フィルタリングを行う確認と補償システム
  • コミュニティスーパーコンピュータ
  • P2Pリソースネットワーク
  • クラウド分析
  • フィルム、データビジュアルアート
  • 人工知能
  • デジタルマインドファイルサービス

適用分野 – 決済システム

決済システムは、デジタル資産とモバイルウォレットを利用して仮想通貨を保有するユーザーが実生活でデジタル資産を自由に使えるように支援するBRTE基盤のトークンを活用した簡便決済プラットフォームです。

BRTEブロックチェーンプラットフォームで提供するリアルタイムトランザクション処理を基に、安全かつスピーディーな取引サービス(決済、送金)を提供します。
また、ブロックチェーン及び金融生態系で要求される最も高い水準のセキュリティ基準を遵守すると同時に利便性を極大化し、安全な環境で顧客の資産を管理することができます。

1. Payとは…?

仮想通貨ウォレット内の仮想通貨をWIZBL payに両替し、リアルタイムで決済できる仮想通貨簡便決済システムです。

2. WizblPayの特長

a. 仮想通貨を実生活で支払い手段として活用。
b. リアルタイム取引可能。
c. データがブロックチェーンに累積されるため、偽造が不可能で安全で透明な取引が可能。

3. 主要機能

a. 入出金が可能な仮想通貨ウォレットサービス。
b. 仮想通貨をWIZBL payに両替。
c. 加盟店のサービス及び商品購入のための簡便決済機能。
d. ペイユーザー間の送金機能。
e. 全ての取引情報がブロックチェーンに保存され、ブロック照会ウェブサイト「エクスプローラー」で暗号化された取引情報の照会が可能。

■ ペイ決済システムのフローチャート

  • ウォレット機能を通じてWizbl payを含む仮想通貨資産管理と外部のウォレットまたは取引所との入金·出金機能を提供 します。
  • ウォレットで管理している仮想通貨をリアルタイムの相場、為替情報を通じて仮想通貨間で両替できる機能を搭載しました。
  • Wizbl Payを通じて会員と加盟店間の決済機能(QR決済、NFC決済)、会員と会員間の送金機能を提供します。
  • 登録した加盟店は決済された売上内訳が確認できます。

簡便決済機能

  • ユーザーが保有するWIZBL pay数量を確認。
  • チャージ機能:仮想通貨をWIZBL payに両替。
  • 送金機能:一般ユーザー間のWIZBL payを送金。
  • 両替:WIZBL payを仮想通貨に両替。
  • 決済要請:加盟店が一般ユーザーに決済を要請。
  • オフライン決済:ユーザが加盟店QRをスキャンして決済。

■ 仮想通貨ウォレット機能と加盟店

仮想通貨ウォレットと入出

  • 仮想通貨ウォレット – 仮想通貨別にウォレットを生成。
  • 仮想通貨入出金内訳 – 仮想通貨別に入出金内訳の照会が可能。
  • 仮想通貨入金機能 – 仮想通貨入金アドレスを表示。
  • 仮想通貨出金機能 – 仮想通貨は他のウォレットに出金可能。

加盟店専用メニュー

  • 加盟店申請 – 本社で承認後に加盟店権限を使用。
  • 加盟店情報照会 – 加盟店情報を照会することができる。
  • 決済要請 – 加盟店が一般ユーザーに決済を要請。

■ 決済プロセス(QRコード決済)

■ チャージフロー(仮想通貨 → Wizbl pay)

■ 仮想通貨ウォレット

■ ブロックチェーンエクスプローラ接続

市場規模

出典 : IDC (2017), Worldwide semiannual blockchain spending guide

■ 世界市場規模

ブロックチェーンは金融、流通·サービス、製造、インフラ、公共サービスなど全領域に波及すると見込まれています。特に、金融分野をはじめ、2017年に実現可能性、持続性、潜在的な活用性などに対する検証を経て、2018年から本格的に拡散しています。ブロックチェーン投資が2021年まで年平均66.6%増加し、18億ドルに達するものと予想され、21年も金融分野の投資比重が最も大きいものと予想されます。

Data Analysis by the Korea Institute of Science and Technology Information(KIST)

ブロックチェーン市場の展望は、2015年に1億3千万ドル、今年は5億5千万ドルに成長、2022年には37億4千万ドルが予想されます。
国内市場は2015年に124億ウォン、今年は524億ウォンに増加し、2022年には3562億ウォンに成長する見込みです。

ソウル特別市江南区テヘラン路104番キル8、ソンボビルディング5階
CEO: PARK KON,   法人番号 : 618 87 01039
TEL. 02)538-1267 , FAX. 02)538-1268

Copyright © 2010 – TMI HOLDINGS – All rights reserved.